スマイル検索隊(スマケン) 買物モバイル クーポンヘルプ
  トップページ > 前ページへ戻る > 詳細ページ  

店舗ロゴ

キュウシュウノショク エキスポ

九州の食® EXPO(2015.03.20-21の2日間) 九州の食を広める展示・販売・商談会

携帯URL送信
QRコード
携帯サイト↑
7221
TEL 092-739-5370 ※お問い合わせの際はスマケンを見たとお伝え下さい
福岡県北九州市小倉北区浅野3-8-1 西日本総合展示場 新館
店舗情報 地図 写真・メニュー クーポン クチコミ   

『九州の食®』とは

この度、「一般社団法人九州の食」と「一般社団法人九州の食 EXPO2015」で構成する「九州の食®EXPO 実行委員会」では、高品質の九州産の農林水産物や加工食品などを国内外に発信し、更なる品質向上と出展社のプレゼンテーション能力の向上、販路の拡大と地域経済の振興を目的として、「九州の食®EXPO」を開催することといたしました。

今年の「九州の食 ®EXPO」には他の展示商談会と異なる三つの特徴がございます。
第一に、出展社様の数が大変多いことです。昨年は 156 社が出展しましたが、今年は 206社が出展することとなり、昨年に比べ 25パーセント以上増加しました。
九州全県と山口県から良質の農林水産物や加工食品を販売しておられる志の高い事業社様が集まりました。昨年のEXPOでは 600人のバイヤー様、 12000 人の一般来場者が参加されましたが、今年は1000人のバイヤー様、15000人の一般来場者をお迎えすべく準備を進めております。

第二に、出展社様とバイヤー様の商談会の成果を上げるために、出展社様全員に対して展示方法や説明方法を向上させるための勉強の機会を数多くご提供したことです。具体的には、商談会で商品を説明する能力を高めるための研修会やバイヤー様にアピールする商品企画書の作り方を勉強する商談会勉強会、スマホでも上手に撮れる商品写真の撮り方セミナーなどを実施し、出展社様が自ら学び向上する機会を提供しました。
出展社の皆さまには大変好評で喜んでいただきました。九州の食 ®EXPO において、その成果を十分発揮されバイヤー様との商談において、よりよい成果が生まれるよう期待しております。
多くのバイヤー様にご来場いただき、バイヤー様と出展社との予約商談や、バイヤー様が個々の展示ブースを訪問して出展社と面談する自由商談などの機会を可能な限り多くご提供いたします。

第三に、バイヤー様のために展示した商品を一般の消費者が購入できることです。初日は商談会を実施するビジネスデーですが、二日目は販売デーとなっており、一般消費者が無料で入場でき、展示された商品を試食し購入することができるようになっております。
この他、初日には、キーパーソン講演会、二日目には、九州の食材を使った料理教室や、食を考える講演会や食育のセミナーなどが開催されます。生産者と一般消費者がともに学ぶ機会となれば幸いに存じます。

多くの皆様のご参加をおまちしております。

九州の食®EXPO 実行委員長 舩木 治

九州の食Facebookページはこちらから

────────────────────────────────────────────

JR及び飛行機によるアクセス

・博多駅←───→小倉駅(17分)【新幹線】
・小倉駅←───→大阪駅(2時間15分)【新幹線】
・小倉駅←───→新北九州空港←───→羽田空港(2時間5分)
・小倉駅←───→新北九州空港【バス】(30分)
・小倉駅←───→博多駅←───→福岡空港←───→羽田空港(2時間20分)

────────────────────────────────────────────

【お問合せ先】

九州の食®EXPO実行委員会事務局
〒810-0041
福岡市中央区大名2-12-10 第2赤坂ビル4階 ICI株式会社内 九州の食®実行委員会事務局
TEL:092-739-5370 FAX:092-739-5330

────────────────────────────────────────────

【出展者一覧】

出展者情報は下記のPDFをご覧ください。
出展者一覧はこちら

────────────────────────────────────────────

【イベントスケジュール】

●平成27年3月20日(金)
────────────────────────────────────────────

「九州の食®」キーパーソン講演会
地域ブランドで海外へ〜仕掛け人が語る成功事例と九州の課題〜

西日本総合展示場 新館 九州の食®EXPO特設セミナー会場にて開催! 参加無料!

全国キーパーソン公演

13:00〜 開演
13:10〜 タイトル アジアの中の北海道〜北海道アワーの挑戦〜
講師 北海道テレビ放送
代表取締役社長 樋泉 実 氏
自社をアジアの中の地域メディアと位置付け、海外発信やデータ放送など先駆的な挑戦を続けている。1997年に 東アジアに向けて情報発信「北海道アワー」、1998年に地域データ放送などデジタル時代の地域メディアの先駆的 な取り組みで実績。アジアへの情報発信は、台湾を始めとする観光客増加、大震災での風評被害対策に寄与。現在 はシンガポール、上海、ベトナム、カンボジアなどでレギュラー番組「LOVE HOKKAIDO」を放送中。2012年には地 方局として初の動画配信サービス「HTB 北海道 on デマンド」も立ち上げ、北海道の価値向上に努めている。
タイトル 今なぜ、フランスを攻めるのか?
講師 TSSプロダクション
「Japan in motion」「ESPRIT JAPON」
プロデューサー 白神 道空 氏
フランスにおいて視聴者が毎週80万人を超す人気番組になっている、「Japan in Motion」の仕掛け人。番組で紹 介した伝統工芸品・ファッション・食品などの日本の逸品をフランス展開させるためのビジネスサポートも展開。フラ ンス人の番組視聴者によるマーケティング調査、フランス国内での商談・リサーチ・展示会等日本の中小企業がなか なか踏み出せない“第1歩”を後押ししている。内閣府地域活性化伝道師。

パネルディスカッション

●「地域ブランドで海外へ〜仕掛け人が語る成功事例と九州の課題〜」

15:10〜 パネリスト
北海道テレビ放送 代表取締役社長 樋泉 実 氏
鰍sSSプロダクション プロデューサー 白神 道空 氏
プラスファーム 取締役社長 上野 建太郎 氏
日本大学芸術学部在学中よりデザイナーとして広告代理店に勤務。その後、アメリカのオートバイ会社ハーレーダ ビッドソンジャパン株式会社に転職し、マーケティング&コミュニケーション部にて戦略立案、広告、広報、CRM、 キャンペーン&イベントを担当。同社20年連続成長に貢献後、2013年にマーケティングコンサルタントとして独立。 ハーレーダビッドソンのような嗜好品類をフィールドとし、主に日本酒のマーケティングコンサルティングを行う。酒造 会社や酒造組合、自治体などを対象に、特に海外市場の販路開拓を目的としたマーケティング戦略と現地での実践 を多数行っている。
野村総合研究所 上級コンサルタント 佐々木 俊 氏
1990年、野村総合研究所に入社。以来、主に金融、流通、メディア等の企業に対するコンサルティングに従事。専 門は新規事業開発。2009年、秋田県より専門家委嘱(マーケティング)。2012年には北海道、秋田、福島の直売所と 連携し産直品のネット流通実験を行う。近年は六次産業化におけるビッグデータの役割について研究中。
モデレーター
若林ビジネスサポート 代表
一般社団法人九州の食 理事
九州の食®EXPO 副実行委員長 若林 宗男 氏
1982年、テレビ東京のニューヨーク支社を開設し初代ニューヨーク支社長に就任。1988年、テレビ東京「ワールド ビジネスサテライト」を企画し初代ニュースキャスター。2012年、若林ビジネスサポートを設立。筑後の食応援団長、 九州志士の会広報宣伝部会長、九州大学広報本部総合アドバイザー、一般社団法人Art-Chef常務理事。
17:00 終了

〇お申し込み 九州の食EXPOのホームページよりお申し込みください→こちらよりどうぞ




────────────────────────────────────────────

農林漁業の成長産業化に向けて
〜ファンドの投資事例からみる「6 次産業化を取り巻く環境の変化と潮流」〜

西日本総合展示場新館(10時30分〜12時00分)にて開催! 参加無料!

いま話題の 6 次産業化。それを成功させるためには、取り巻く環境の充分な理解とこれに適応した事業展開がカ ギとなります。
ここでは6 次産業化ファンドの仕組みやそれを活用した事例についてわかりやすくお話いただき、投資事例の特色からみる 6 次産業化を取り巻く環境の変化と潮流について解説いただきます。
皆様方のご参加を心よりお待ちしております。

講師: 農林漁業成長産業化支援機構 投融資本部 本部長 岸 憲正

住所:福岡県小倉北区浅野3−8−1
    JR小倉駅新幹線口から徒歩5分

〇お申し込み
九州の食EXPOのホームページよりお申し込みください→こちらよりどうぞ

────────────────────────────────────────────



●平成26年3月21日(土・祝)

────────────────────────────────────────────

九州の食®EXPO2015

〜 フードライブステージ 〜

タイトル 「魅力の九州の食を味わう」
時間 @10:30〜11:30
A13:00〜14:00
講師 三堂 徳孝 氏
内容 出展者の食材を使った考案レシピによる料理を楽しく作って頂きます。
プロの料理調理のコツ・技を間近でご覧頂けます。
講師
プロフィール
柳川市出身。中村学園大学 栄養科学部 准教授
ロイヤルパークホテルや赤坂迎賓館(内閣府)で料理長。賓客に料理を提供し活躍。
現在九州の地域産物の特徴を生かした付加価値の高い商品開発・消費拡大とともに地域の健康や食育推進に寄与。
管理栄養士 西洋料理調理専門調理師
2005年東京都知事 優良調理師

タイトル 「黒田官兵衛公が愛した光姫 ご利益おにぎり」
時間 14:30〜15:30 講師 三木 英信 氏
内容 「大河ドラマ 軍師官兵衛」黒田官兵衛公が愛した光姫様。光姫様は息子長政の夫人大栄姫とともに諸士を労い、握り飯を振る舞ったという故事が残されています。黒田家の菩提寺 圓應寺 三木副住職に、光姫の思いが感じられるご利益のある「光姫にぎり」についてお話を伺います。
圓應寺監修、九州の食®EXPO共同企画「光姫にぎり」を九州の米と筥崎宮の放生会で有名な生姜を使って、100個限定で試食配布します。
50人の子ども達は「子どもが作る弁当の日」で、有名な稲益先生と一緒におにぎりをにぎって、食べる事への感謝の心を学んで頂きます。
講師
プロフィール
黒田家の菩提寺 照福山顕光院圓應寺(しょうふくざんけんこういんえんのうじ)副住職
昭和43年生まれ。佛教大学卒業。全日制私立高校の教諭を経て、私立大学職員。通信制高校教諭として屋久島赴任中に、フリースクール開設や相談員として活動。2012年から圓應寺副住職を務める。現在、子育て・不登校問題・コミュニケーション・黒田官兵衛のテーマで、各地で講演活動を行っている。

〜 セミナーステージA 〜  先着100名

タイトル 「食卓の向こう側〜私たちが願う食の未来」
時間 11:00〜12:30 講師 佐藤 弘 氏
内容 西日本新聞に連載された「食卓の向こう側」。それを書かれた佐藤弘さんを招き、様々な食のお話をしていただきます。
その後、会場と佐藤氏の対話の機会を設けます。
その対話をコーディネートするのは、食の面からポジティブ・エイジングを提唱する五十嵐和恵さん(NPO法人食育推進ネットワーク福岡副理事長)。
食の未来を実りあるものにするよう、会場の皆さんと共に語り合っていきます。
講師
プロフィール
講師:佐藤 弘 氏
福岡市出身。1961年生まれ。西日本新聞 編集企画委員。中学時代、有吉佐和子の「複合汚染」を読み、ふるさとの野山がおかされていくわけを知る。百姓を志し、東京農大農業拓殖学科に進学するも、深遠なる「農」の世界に触れ、実践者となることを断念。側面から支援する側に回ろうと西日本新聞社に入社。システム開発部、日田支局、編集企画委員会、生活特報部などを経て、前原支局勤務。
著作に、「『農』に吹く風」(共著、不知火書房)、「食卓の向こう側@〜I、KL」(共著、西日本新聞社)、コミック版「食卓の向こう側」(原作、西日本新聞社)、「竹田読本」(共著、西日本新聞社)「農は天地有情〜宇根豊聞き書き」(西日本新聞社)。

コーディネーター:五十嵐 和恵 氏
福岡市出身。NPO法人食育推進ネットワーク福岡副理事長。ニューヨーク在住時に「食」に興味を抱き帰国後、東京で様々なキャリアを積み、食育インストラクター、フードコーディネーター、色彩学、メイク、コミュニケーション学などを学ぶ。2009年より福岡を拠点とする。
「食べることは生きること。食べることを考えることは、人生を考えること。」が持論。美容と健康、加齢学や色彩心理学、食のマナーなど、幅広い視点から「食」をとらえ、毎日の食事を楽しむ提案をされています。西部ガス梶u味覚の授業」、「美しくなる食べ方」、潟Cムズ「ポジティブ・エイジングな生き方」、「アンチ・エイジングの食べ方術」、TOTO梶uアンチ・エイジングの食べ方セミナー」、福岡市「協働力向上セミナー」など、セミナー・講演多数。

〜 セミナーステージA 〜  先着100名

タイトル 「ひとりでできるもん!未来を創る弁当」
時間 14:00〜15:00 講師 稲益 義宏 氏
内容 「子どもが作る弁当の日」で有名な稲益先生に、学年が進むにつれて子どもたちの作った弁当がどう変わっていったのか、スライドで報告して頂きます。
その変貌ぶりには、本当に驚嘆します!子どもたちが自立していく姿は、本当に美しい。
食べ物と命のつながりを知ることが、未来を創ることを実感できます。
講師
プロフィール
1966年生まれ。熊本県荒尾市出身。東京学芸大学卒。
現在、福岡市立舞鶴小学校教諭。「食卓の向こう側 第1部第1話」を読んだことが、積極的に食育に取り組み始めたきっかけ。福岡市立下山門小学校において小学3年生の指導で取り組んだ総合学習「生活発見プロジェクト 食べものを選んで作れる自分になろう」の実践が、2007年度地域に根ざした食育コンクールで入賞。
生ゴミリサイクルで土作りを行い、野菜を育て、「完食おかわり券」で給食の残食を減らす取り組みを実施。担任1人でも始められるコース別弁当の日「イナマス方式」を実践。福岡市立愛宕小学校では、2008年度農林水産省「教育ファーム推進事業」の取り組みとして、校区に田んぼがない子どもたちに、校区外に田んぼを借りて稲作体験を実施。
食育を行う基本姿勢は、「自分ができることしか、子どもたちには伝えない」。子どもたちが自分でできる食の実践力を高める学習を展開している。

〜 セミナーB 〜  各回先着15名

タイトル 「美味しさは五感から〜味覚体験教室」
時間 @10:15〜10:45
A13:15〜13:45
B15:05〜15:35
講師 加治佐 由香里 氏
内容 食の新分野として注目されている「味わい教育」。「食を教える教育」から「食を意識する教育」へ、食育の形態は少しずつシフトチェンジしているようです。あなたの五感は、ちゃんと機能していますか?
この体験参画型のワークショップでは味覚力判定テストを行い、なぜ私たちは味を感じる必要があるのかをともに考えます。
五つの基本味の生理的意義と重要性について考察し、普段無意識に使っている五感(視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚)を磨き、食を意識する事が味覚力の向上に繋がる事を学んでいただきます。
講師
プロフィール
福岡市出身、西南学院大学卒業。日本フードコーディネーター協会認定1級フードコーディネーター。香蘭女子短期大学非常勤講師。福岡県、熊本県を中心に商品開発、レシピ開発、食育イベント等に携わり、講演会やセミナーの講師も務める。
熊本県発行「米粉のレシピ集100」「熊本県郷土料理レシピ集」監修。味わい教育インストラクター、食生活アドバイザー、食空間コーディネーターとしても活躍中。香蘭女子短期大学公開講座「心で食べる味わい教室」、ユニバーサルデザイン全国大会(内閣府主催)「熊本県の商品開発」、テーブルウェアフェスティバル(食空間コーディネーター協会主催)、「IHクッキング教室」等。セミナー・講演多数。

〜 セミナーC 〜  各回先着15名

タイトル 「家族のための食育〜子どもを産み・育てる」
時間 @10:15〜10:45
A13:15〜13:45
B15:05〜15:35
講師 大丸 雅代 氏
内容 北九州で活躍する女性起業家大丸雅代さんは、日本人でただ一人米国国立スミソニアン博物館に殿堂入りした久司道夫さん(マクロビオティック)に師事し、女性の心と体の悩みを、食を基軸にしながら、やさしく丁寧に、そしてエレガントに教えてくれます。
マクロビ、ヨガ、アーユルヴェーダにご興味のある方、必見です!
講師
プロフィール
福岡市出身。ヨガとマクロビオティックに出会い、自身の体調の悪さを改善した。その他さまざまな健康法をためし、“より良く生きる”をテーマに、ホリスティックスクールを開校。潟zリスティックスクール代表。身体・精神・魂の健康とは何かを教える。オーガニックライフを通して子どもを育てながら、子どもにも大人にもわかりやすく美しくエレガントなライフスタイルを伝える。医療系新聞「off time」にコラム連載中。サンデー北九州に "魔法のレシピ" 連載中。「やずや雑穀」レシピ監修。
95年ミス日本九州代表入賞。クシマクロビオティックフードコーディネーター・インストラクター、雑穀エキスパート、アーユルヴェーダ生活指導員、ベトナム政府認定ベトナム料理研究家、食空間テーブルコーディネーター、ベビーマッサージインストラクター。

〜 セミナーD 〜  各回先着15名

タイトル 「アレルギー症状が出にくい体づくり〜自分を知る、食を知る、明日を変える」
時間 @10:15〜10:45
A13:15〜13:45
B15:05〜15:35
講師 和田 賢治 氏
内容 自分自身のアトピー克服経験から、食と体が大切!と気づかれた和田賢治さん。食べ物や環境、免疫学、予防医学、抗加齢学、ファスティングなど、さまざまな角度からの最新データをもとに、おびただしい数の講演を精力的にこなしています。
現代社会では、子どもの三人に一人が何らかのアレルギーを持っていると言われていますが、今回は、大人になるまでその症状が出ない体づくりについてお話をして頂きます。
講師
プロフィール
福岡市出身。一般社団法人ホリスティックライブラリー代表理事。NPO法人食育推進ネットワーク福岡理事。Wise Cure代表。幼少よりアトピー、食物アレルギーに悩まされる。大学生の時に自分の体を治すのは薬の力ではないと感じ、食と健康について独学で学び始める。有機農家やこだわりの生産者を回り歩き、学ぶも、食の知識だけでは根本的な健康には不十分だと思い、体のことについて学び始めた。現在は、食や健康に関する講演、セミナー、イベントを日本各地で行いながら、オーガニックライフの普及に努めている。人に言えないママさんたちの体の悩み相談も受け付け、子育て社会を応援している。
シニアファスティングコンシェルジュ。食生活アドバイザー2級。オーガニックコンシェルジュ。





店舗情報 地図 写真・メニュー クーポン クチコミ